トップページ >  白髪予防のための食生活 >  昆布とワカメは白髪に効果ある?

昆布やワカメなど海藻類の白髪に対する効果とは?

昆布やワカメといった海藻類が髪に良いというのは有名ですよね?


髪が傷んでいる方や抜け毛や薄毛に悩んでいる方は当然として、白髪の悩みにも効果を発揮してくれるのかどうかなど本当に昆布やワカメに効果があるのか気になるところだと思います。


結論からいってしまうと、ワカメや昆布をはじめとする海藻類には、メラノサイトの働きを活性化させる働きがあるヨードという栄養がたくさん含まれています。他にも、のりやひじきなども白髪には効果的ですし、とろろ昆布なども良いようです。


海藻にはミネラルが多く含まれており、血液をさらさらにしたり、髪をツヤツヤにするという働きもあります。(加工してあっても効果は変わらないということも付け加えておきます。)


白髪だけではなく、健康的で美しい髪も保つにもワカメや昆布をはじめとする海藻類は効果的だということですから、白髪予防には効果が期待できると思っていいと思います。


海藻類の特徴は、メラノサイトの働きを活性化させるという髪を黒くする直接的でわかりやすい効果があるということです。


白髪対策に役立つという栄養素には、髪の毛を作る材料や活性酸素を抑制する成分、血行を促進するといった効果効能で白髪対策に役立ってくれる栄養素もあるわけですが、海藻類はもっと直接的に作用するということわけです。


そのため、海藻類は白髪で悩んでいる人達にとっては毎日の食卓から外せない食品といえるでしょうね。


ただ、一つだけ注意点があります。


それはヨードの過剰摂取が甲状腺機能低下症などの原因になることです。極端に食べなければ特に心配はいりませんがそういうリスクがあることは覚えておいたほうがいいです。特に昆布には、ヨードが非常に多く含まれていますので、昆布の摂取には、注意が必要です。


ワカメやヒジキを食べる分にはまずそうした心配はないので安心してください。