トップページ >  白髪を増やす原因一覧 >  女性ホルモンの変化

妊娠・出産による体質や環境の変化で白髪が増えます。

妊娠や出産を境に、急に白髪が増えたという人は多いと思います。


30代の場合は、年齢的な白髪と重なることもあるんですが、妊娠や出産を境に、白髪が増えたという場合、その多くは女性ホルモンのバランスが大きく変化したことが影響していることが多いです。


女性は、妊娠すると体内の女性ホルモンの量が、通常のときの100倍から1000倍にもなると言われています。女性ホルモンは女性らしい髪のハリ艶にも影響しているもので、この量が急激に増減することで髪に影響がでることがあるんです。


特に影響がでるのは女性ホルモンの分泌が減ったとき。


出産を終えた途端に増えていた女性ホルモンの量が元に戻るので、毛が抜けやすい状態になりますし、白髪が増えてくることもあります。女性の場合、白髪は更年期に差し掛かると爆発的に増えてきますが、これは更年期に入り、女性ホルモンの量が激減するからです。


女性ホルモンのバランスによって白髪が増えるのは女性ならではといえるかもしれません。


他にも妊娠中や産後に白髪が増える理由はいろいろあります。


・胎児に栄養をとられて母体の栄養が不足するため
・母乳から栄養が消費されるため
・産後ストレスのため


髪の健康に必要な栄養素の不足や慣れない子育てのストレスなどの苦労が重なるとこれもまた白髪が増えてしまう原因になるということです。いやー女性はこうしてみると大変ですね。


いずれにせよ、妊娠・出産を経験することで体質や環境が大きくかわりますからその影響で白髪が増えるというのは女性の方は頭にいれておくべきなんじゃないでしょうか?