トップページ > 黒ゴマの効果は本当か? > 黒ゴマは白髪対策の秘密兵器

黒ゴマは白髪対策の秘密兵器

白髪予防だけでなく、改善効果もあるのでは?との話もあるのが黒ゴマです。


どうも黒ゴマには、白髪対策に有効な成分が含有されているようなんです。


黒ゴマにはビタミンB1、B2、ビタミンE、タンパク質、銅、鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム、食物繊維、セサミンなどのさまざまな栄養が含まれていて、白髪以外にも美容効果や冷え性、便秘、貧血などの効果も期待できる食べ物としてよく知られています。


特に他の食材と違うところは黒ゴマには、10種類もの抗酸化成分が含有されていること。


活性酸素によって色素幹細胞のDNAの損傷が起き、白髪が増えるという話は「紫外線・タバコ」のページで紹介しましたが、そうした活性酸素をやっつけてくれるのが抗酸化成分です。そんな抗酸化成分を10種類も含んでいるのが黒ゴマなんですね。


・アントシアニン
・ゴマリグナン
・ビタミンE
・セレン
・亜鉛


(ゴマリグナンというのは、セサミン・セサモール・セサモリン・セサモリノール・セサミノール・ピノレジノールの6種類の総称のことです。このゴマリグナン(6種類)と・アントシアニン・ビタミンE・セレン・亜鉛の4つで計10種類です。)


これだけの成分が黒ゴマに凝縮されているわけです。白髪にいわれるのは当然でしょう。


ただ、黒ゴマは栄養が吸収されにくいという特徴もあり、しっかりと黒ゴマの栄養成分をとりたい場合には工夫が必要になります。なぜ栄養が吸収されにくいかというと、表面が硬いからです。


そのため、練りゴマやすりゴマなど、吸収されやすい状態にして食べたほうが黒ゴマに含まれている栄養成分を効率よく摂取でき、白髪に対する予防や対策の効果が高まります。ちょっと調べたところ黒ゴマペースというものがあるみたいですね。


黒ゴマペーストを毎朝パンに塗って食べて白髪対策を頑張っている人がいるみたいです。目安としては1日大さじ1杯程度食べればいいみたいなので、無茶な量でもないと思います。是非チャレンジしてみてください。