トップページ > 加齢(老化) > 加齢(老化)によって白髪が増える理由

加齢(老化)によって白髪が増える理由

髪はもともと白髪だそうです。


それが毛母細胞で髪がつくられて、髪の毛として生えてくる間にメラノサイトという色素細胞が生成しているメラニンの作用によって白い髪に黒色がついて黒髪になるわけなんです。


加齢によって白髪が増えるというのは、このメラノサイトの働きが悪くなり、メラニンの生成が鈍くなって白い髪に色がつかなくなって、そのまま白髪の状態で伸びてきてしまうというのが原因です。


白髪もよくみてみると毛先のほうは黒く色がついているのに髪の毛の途中から白くなっているものもあったりします。これなどは髪が伸びていく途中でメラニンの作用が弱くなり、色がつかずに白髪の状態で伸びてきてしまった典型です。


それから毛髪はだいたい4~5年周期で生え変わると言われています。


役目を終えた髪は抜け落ちるわけですが、抜け落ちる際にメラニン色素を作り出すメラノサイトも同時に失われてしまいます。若いうちは次の髪の毛が生えてくる際にメラノサイトも再生するんですが、加齢とともに再生しないケースが増えてきます。


これも年齢とともに白髪が増えてくる原因です。


年齢とともに白髪が増えてくるのは仕方ない部分もあるわけですが、遺伝や生活習慣、病気やストレスといったものの影響で、同じ年齢でも白髪が多い人もいれば1本もない人もいます。


実年齢には抗う余地はありませんが、いわゆる体内年齢や臓器、皮膚や髪の老化というのは生活習慣や適切なケアをする事で、若さを維持できるというのはいろいろな実験から確認されていることです。


「老化は避けられないが老化を遅らせることはできる。」


これは肝に銘じておいたほうがいいですね。


髪の毛のケアはどうすればいいのか?ということですが、基本的にスキンケアと同じだと考えてもらえばいいです。食事(摂取する栄養素)による内側からのケアと乾燥や血行不良を防ぐための外側からのケアが大事だということです。


ケアというと何かを「加える」「付け足す」ことばかりに意識が向きがちですが、いまやっていることを止めるというのも実は大切だったりします。


例えば毎日のシャンプーなんかはそうですよね。


ほとんどの人は毎日シャンプーをして髪の毛や頭皮を洗っていると思いますが、年齢重ねると肌の水分保持力が落ちて肌が乾燥してきますから、毎日のシャンプーはむしろ頭皮を乾燥させるだけで逆効果。白髪の原因になってしまいます。


ですから、夏場は無理としても冬場はシャンプーの回数を減らすなど、若いときとは違うヘアケアが実は大切になったりします。